ゆず中1・もも小4と一緒におうちで英語学習!かけ流し、母の一方的な語りかけ、キンドル・リーダーの音読。母はなんちゃって帰国子女。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アメリカのサマースクール体験記 ~3日目~
7月22日(水) 9:00 - 17:00 

☆大好きなクラフト

今日は午後から Field Trip の日です。朝、みんなとおそろいの青いシャツを着て行きました。午前中は通常どおり自由遊びなので、Mona さんのいる Art Room へ。ゆずは、大好きな Finger knitting をしたそうです。

two nittings
写真:Finger knitting といって、編み棒を使わずに指で作る編み物(指編み?)。ゆずは大変気に入ったようで、毎日のようにやっていました。

Mona さんはゆずにとてもよくしてくれました。何十年か前に南米から移住してきたそうで、外国人であるゆずの気持ちをよく理解してくれたのかもしれません。私がゆずに英語を覚えさせようとしている話をすると、

That's a good idea.
Learning language is very important.


とおっしゃていました。彼女の話す英語は、少しスペイン語なまりがありますが、日常困ることはないように思えました。それでも、英語で文章を書く時にはまだ辞書を使うとこがあるそうです。

☆スクールバスで遠足♪

午後1時、スクールバスに乗り、30分ほど離れた場所にある Children's Museum に行きました。ゆずはとっても満喫したようで、帰宅後すぐに夏休みの宿題の絵日記に描いていました。

「バスでチルドレンズミュージアムにいきました。窓から見えるビルやおうちがステキでわくわくしました。」

後日、たまたま同じ道を通った時に教えてくれたのですが、ゆずが言う「ステキなビル」とは由緒ある大聖堂のことでした。うん、確かにステキだ。異国の地で家族から離れてバスに乗せられたゆずですが、窓から見える景色を楽しめたんだと思ってうれしかったです。ミュージアムの話もたくさんしてくれました。一番楽しかったのは、おっきなクリフォードがいたコーナーだそうです。

帰りのバスで隣に座った Anna という女の子と仲良くなったらしく、「ともだちができた」と言ってました。スタッフの話によると、ゆずが外国から来たと知った Anna は、

Uno
注:スペイン語で「one」という意味

とゆずに話しかけていたそうです(^^; 「外国語=スペイン語」なんですね。Anna とはその後、もっと仲良しになっていきます。

スタッフは常にトランシーバーを携帯していて、誰のお迎えが来たかなどを連絡し合います。その日のお迎え時、マネージャーらしき人からわたしとゆずの近くにいたスタッフにこんなメッセージが入りました。

Tell Yuzu's mom that she had a great time today.


ちゃんとゆずのこと気にかけてくれてるんだな、と感動したのを覚えています。

☆ゆずの英語力、ではなくコミュニケーション力


ランチの時、ヨーグルトを食べていたゆずの横で砂いじりをしていたJ君。勢い余ってゆずのヨーグルトに砂が入ってしまいました。ゆずいわく、「先生に言ったらね、その子のこと怒ってくれたの」。え?「言う」って英語が話せないのに??と思い、どうやって先生に言ったのか聞いてみると、

あのね、手話で言ったの。

しゅ、手話!おぬしなかなかやるな、とおっとと二人で感心したのでした。この日を境にサマースクールが楽しくなってきた様子のゆず。わたしもおっとも一安心でした。翌日は、わたしが Mona さんの Art Room に出向き、折り紙を教えるボランティアをした話です。

応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント:
コメント:する












管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック:
トラックバック URL
→http://kodomoeigo2.blog126.fc2.com/tb.php/67-f80d1993
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。