ゆず中1・もも小4と一緒におうちで英語学習!かけ流し、母の一方的な語りかけ、キンドル・リーダーの音読。母はなんちゃって帰国子女。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イギリス英語とアメリカ英語 - Wet day? Rainy day?
ORT Stage1+ の「Kipper's Diary」を読んでいると、こんなことがありました。




It was a wet day.


というページで、ゆずが

It was a rain...


と言い始めたのです。そっか、ゆずの中では「雨=rain」 とちゃんと認識されてるんだ!と違うところで感心する母。でも本に書いてあるのは「wet day」だったので、ここではそう読んでもらい、その後、「どちらの言い方でも正しいんだよ」と説明しました。きっと、本人が実際に英語を使う状況におかれた時には、うまく使い分けるんだろうと思います。そう思って、今はその都度対応していこうと思います。

CTP もぼちぼちがんばってます。昨日は(めずらしく?)自分から、現在取り組み中の 「Buttons Buttons」 を準備して待っていました。そして暗唱を始めましたが、やはり little, lost, found などなじみのない単語が言えなかったです。最近はCDもあまり聞けていないので、毎晩同じように暗唱に取り組むだけでは難しいだろうなぁ、とは思うのですが・・・。今日は暗唱の前に、少し予習をしてみようと思います。

応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント:

私も今娘にORTを聞かせてるのですが、まだStage1なのでイギリス英語とアメリカ英語の違いってあまり出てきてません。
Stageが上がるとやっぱりイロイロ出てくるんですね。
でもCDは両方入っているので、微妙なイントネーションや発音の違いを発見して娘より私の方がはまってる感じです。
Stageがあがるのが楽しみです♪
---------- maple [ 編集]* URL * 07/07, 20:43 -----
maple さんへ
maple さん、コメントありがとうございます♪ rin ちゃん0歳にしてORTユーザー!すばらしい~。ORT は次が読みたくなるような、魅力のある絵本ですよね。ゆずは、この「Wet day」の一件で、Kipper がイギリス人だってことを認識したようです(外国人はみんなアメリカ人だと思っていた^^;) これからも ORT 話しましょうね♪
---------- ゆずもも [ 編集]* URL * 07/08, 09:57 -----
コメント:する












管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック:
トラックバック URL
→http://kodomoeigo2.blog126.fc2.com/tb.php/56-7c67b610
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。