ゆず中1・もも小4と一緒におうちで英語学習!かけ流し、母の一方的な語りかけ、キンドル・リーダーの音読。母はなんちゃって帰国子女。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
完璧バイリンガル
完璧バイリンガル、それはわたしの弟のことです。彼は5歳で渡米し、それから12年間アメリカですごしました。彼にとっては「英語の方が母語」といってもおかしくない時期すらあったと思います。幼少期を外国ですごした場合、大変なのは母国語の教育です。幸い(?)うちの母はほとんど英語が話せなかったので、家庭では100%日本語でした。おかげで彼は12年も日本を離れていたわりに、普通に日本語を話しています。ただ、漢字や難しい言い回しなどは普通の日本人よりは知らないと思います。小さい頃は、「扇風機」を「ふうせんき」と言ったり、彼が20歳頃わたしに書いたメールで、「一応」を「いちよう」と書いてあったり(^^; 

彼を含めバイリンガルの人たちをみていると、それぞれの「母国語と第二言語のバランス」の違いに気がつきます。ネイティブの語学力を 100 とした場合、弟の日本語力は 99 くらいでしょうか。それに対して、英語力は 85 はあると思います。わたしと彼との会話は100%日本語なので、彼の英語力はあくまで推測ですが。わたしは日本語力 100、英語力 60 くらいかな。会社の同僚バイリンガルさんは、日本語力 100、英語力 85 くらいはあると思います(本人は 70 と言っていましたが)。ひとくちにバイリンガルといってもいろんなバランスの人がいます。社会人になれば、語学力に加えて一般的な社会常識や専門知識など、その他の要素が加わってきます。

ゆずやももと英語学習をしていて思うのは、この子達の英語を長い目でみていきたいな、ということ。今はたくさんインプットし、大きくなって自ら「英語を学びたい」と思ったときに、少しでもラクにスタートがきれるようにしてあげたいです。

応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント:
No title
小さい頃、日本語がたくさん入っていない頃に海外で暮らすと「完璧バイリンガル」になることができるんですね~
英語と日本語のバランス・・・難しい課題です。
我が家も、今の時期に英語がどんどん話せるとかそういうこと以上に、日本語だけではない!他にも国がある!そんないろいろな国の人たちと仲良くしたいね~なんて広い視野で世界が見れるようになったらよいなぁ~が目的。自分で英語を学びたい!ってなったときに役立てばいいですよね~
---------- kotomari [ 編集]* URL * 06/21, 07:02 -----
kotomari さんへ
>広い視野
重要ですよね~。うちと英語学習に対する姿勢が似てるかも(^^)。何より子供達が英語を好きでいてくるといいですよね♪
---------- ゆずもも [ 編集]* URL * 06/22, 09:16 -----
コメント:する












管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック:
トラックバック URL
→http://kodomoeigo2.blog126.fc2.com/tb.php/42-5eb5127d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。