ゆず中1・もも小4と一緒におうちで英語学習!かけ流し、母の一方的な語りかけ、キンドル・リーダーの音読。母はなんちゃって帰国子女。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ついに合格しました、The Bear...
ここ3週間ほどゆずが取り組んでいた「The Bear Went Over The Mountain」の暗唱、ついに合格しました!

毎晩寝る前にわたしが読み聞かせ、ゆずが一人で暗唱する、というのをやっていました。でも、毎日学童やら習い事やらで疲れている新一年生のゆず、「もーこれやだー」と、最近は気が乗らない日々でした。取り組み時間を、寝る前からもう少し早い時間に変えてみようと思いました。夜7時ごろ、お風呂にも入り終えていたので、ひとつ提案してみました。「ゆずに作って欲しいものがあります」と言って、紙に

山 Mountain
森 Forest
はし Bridge
どうくつ Cave


と書きました。「何でつくればいい?」というので、「ジェンガでいいんじゃない?」と言うと、納得したようで、黙々と作業を始めました。ゆずは小さいときから工作が大好きで、それを知っていたのでこの提案をしてみました。出来上がったものをみてみると、なかなかの作品になっていました。そして、「The Bear Went Over The Mountain」をするとは一言もいわなかったのに、くまも用意してくれていました!

いざ、The bear 劇場のはじまりはじまり~♪まず、わたしがくまを動かし、ゆずに歌をうたってもらいます(写真はゆずの手です)

Mountain
bear mountain 
The bear went over the mountain. The bear went over the mountain...

Forest
(注)右側にあるのは、森の中のおうちだそうです。
bear forest
The bear went through the forest. The bear went through the forest...

Bridge and Cave

(注)「Bridge」と「Cave」は使いまわしだそうです・・・
bear bridge 
The bear went under the bridge. The bear went under the bridge...
The bear went into the cave. The bear went into the cave...


やはり「under the bridge」ですこし詰まりましたが、おまけで合格としました。最後に記念撮影をして終了~。

ずーっと「under」が覚えられなかったので、ここは実践でやってみよう、と思ったのが今回の「The bear 劇場」の始まりです。小さい頃の言語習得というのは、生活の中に繰り返しでてくることで覚えていくと思うのです。しかし、ゆずの生活のなかで「under」という言葉は英語絵本を読んでいる時だけ・・・。それじゃあなかなか覚えられなくて当然ですよね。毎晩の暗唱をいやがり始めていたゆずですが、得意の工作を取り入れたことで、とっても楽しそうに取り組めていました(ま、本人にとっては遊びですね)。

次は Fun & Fantasy 1-1 の最後の一冊、「Where's Your Tooth?」です。

↓応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
コメント:
コメント:する












管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック:
トラックバック URL
→http://kodomoeigo2.blog126.fc2.com/tb.php/35-27571a49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。