ゆず中1・もも小4と一緒におうちで英語学習!かけ流し、母の一方的な語りかけ、キンドル・リーダーの音読。母はなんちゃって帰国子女。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
英語育児について
いろいろ考えますね~。私はみなさんのブログを読んで、ORT やその他のすばらしい英語グッズ(絵本・DVD・CD)に出会え、いろんな情報交換ができ、いいことの方が断然多いです。 「間違った方向に導かれた」 ことは一度もありません。むしろ、時間を割いてブログを書いてくれて、ありがとう!と言いたいです。私が子供に英語を教えようかな~と思い始めた2年前、何が参考になったかといえば、企業が出すカタログじゃなくて、実際に英語グッズを使ったお母さんや子供達の生の声です。

私のブログを読んでくださってるみなさんも、そうであると信じたいなぁ。私が現在進行形で経験していることが、みなさんの参考になればいいなぁという思いだけです。

もう一点、英語育児について。

「英語で話しかけてる」、とか「英語育児してる」、と聞くと、なんで~?日本人なのになんで~?と思う方もいるでしょう。はい、私もその一人でした。なので、長女が5歳になるまでは一切家庭では英語を話していませんでした。私の場合は、自身が17歳で渡米し、そこから英語を習得したので、「●歳までに始めないと、聞き取れない英語の音が出てくる」 というような宣伝文句は信じていません。もし娘が英語を話せるようになりたいと思ったら、その時に本人が努力すればいい、と思っていました。

それが、今なぜ子供に英語を教えているか。

自分が英語を話せるんだから、教えないともったいない!


これが一番ですね。もちろん、わが家の第一言語は 日本語。これが最優先です。語りかけてる数も、本を読んであげる量も、圧倒的に日本語が多いです。英語はあくまで第二言語です。

最後に、2年半ほど子供に英語を教えてみて、これまでの感想を書いてみます。

はっきり言って、そんな簡単にバイリンガルにはなりません。もともと、娘達の英語時間(一日30分程度)では全然足りないことはわかっています。わが家の英語は、娘達をバイリンガルにするためではありません。でも、外国人とコミュニケーションが取れる程度の使える英語は習得して欲しい。そんな気持ちでいます。とはいえ、今現在英語が必要ない本人たちに、「英語、英語」 と急き立てても、うまくいくとは思えません。なので、【楽しく】 続けられるように試行錯誤している母なのです。

・CDを聞く(チャンツ、オーディオブックが中心)
・絵本を読む
・ウェブレッスン(7歳長女のみ)

これからも、楽しみながら続けていきます♪


☆日本語 読み聞かせ
パパがこんなシブイ本を読み聞かせてくれました。こんな本、5歳の子が聞いてくれるの?と思ってましたが、5歳も7歳も、じーっと聞き入っていました^^

蜘蛛の糸・杜子春 (新潮文庫)蜘蛛の糸・杜子春 (新潮文庫)
芥川 龍之介

by G-Tools



応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト
コメント:
No title
今、一度立ち止まって考える人が多いですね^^
私もマミーのブログを読んで、自分のうちのことも
書こうかと思ったんだけど・・・
でも、選択していくのは今のところ私たち母親。
しっかりとした目をもって、
子供たちにどうなってほしいのかをよく考えて進めていくのが
いいのかな~って思います。
とにかく子供たち主体、で楽しく!ですね☆
---------- maomao [ 編集]* URL * 01/18, 16:52 -----
No title
マミーさんのブログ色んなとこで反響が大きいですね。
私はマミーさんが言ってる内容をブログ批判とは取れなかったので、そうやって受け止めてしまってる方たちにびっくりしたりしました^^;

大切なのは母国語
これって、英語講師の方が皆言うんですよね
私には、あの内容は耳ダコな内容でした^^;

マミーさんが言いたいのはブログどうこうというよりも、母国語を大事にしてほしいって気持ちだった気がします。

ゆずももさんは留学されていた経験があるから、早くからやらないといけない!なんてあおられなかったのはうらやましですよ(笑)
うちの会社の海外赴任してる社員さんたちも、皆大学出てから習得しています。
なので、大半の社員さんのお子さんは、英語を習いに行ったりしてないんです。

0歳などから初めて2-3歳で英語をペラペラ話してるお子さんのブログを見たら、皆あせると思うんですよね。
私もそういう一人でしたし(笑)
でも、本当はそんなことはないんだって今は思います。
何歳だって、やろうと思えば言語は習得できるんですよね。
聞き取りなどに多少の差はでるかもしれないけれど。
それよりも、母国語を確立しないといけない時期に英語漬けにしてしまうことのほうが怖いとよく聞きます。

マミーさんが言いたかったのはそこなんじゃないかなぁって。
なんで、ブログ批判としてとらえられてしまったのか、ちょっと残念に思ったりしました。


---------- rinco [ 編集]* URL * 01/19, 09:13 -----
☆maomaoさんへ
同感です。子供達のことを考えながら、無理せず進めていければいいですよね。

---------- ゆずもも [ 編集]* URL * 01/19, 13:46 -----
☆rincoさんへ
私はブログ批判に取れました。なので、他の方の反応は納得できます。

rinco さんのコメントを読んで、ちょっと冷静になって考えてみると、まぁ一理あるかなって気もします。自分の母語ではない英語で、お母さんが子供に英語オンリーで話しかけるのは、やはり too extreme な気がします。そんなケースはまれだと思いますが。

でも、子供に英語を教えてる方って、英語だけにこだわらず、いろんな分野で子供を伸ばしたいと思ってる方がほとんどじゃないかなー。だから、「英語さえ話せれば」みたいな安易な考えの方はいないんじゃないかと。

英語圏に住んでいるマミーさんと、私達日本在住日本人とでは、やはり環境も違うし、考え方が違って当然だと思います。英語が特別でない彼女からすると、「なにもそこまで・・・」と見えるのかなぁって。

そう、何歳だって、言語習得は可能です。だから、今は楽しく、将来のためのベースを作ってあげる。できることは何でもしてあげたい、それが親ってもんですよね。
---------- ゆずもも [ 編集]* URL * 01/19, 14:26 -----
コメント:する












管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック:
トラックバック URL
→http://kodomoeigo2.blog126.fc2.com/tb.php/299-c7748bff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。