ゆず中1・もも小4と一緒におうちで英語学習!かけ流し、母の一方的な語りかけ、キンドル・リーダーの音読。母はなんちゃって帰国子女。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ORTとチャンツCD購入@OUPワークショップ
日曜日に、OUP(オックスフォード大学出版局)のワークショップに参加しました。英語講師向けのワークショップで、子供向けの授業の進め方やアクティビティーなどが紹介されました。特に気になったのが、酒井美紀さんが講演のなかでふれていた『MATメソッド』という児童英語教授法。

Model 先生がモデルを示して
Action 生徒は動作をしながら
Talk 英語で発話する


日本で英語を学ぶ場合、たいていは週一回50分→年間で約40時間にしかならない!その限られた時間の中で英語が話せるようになるには、授業の中でできるだけ生徒にしゃべらせることが重要。このメソッドでは、「生徒が授業時間の80%に活発に参加し、話している状態を作る」 と推奨しています。

最近、わが家でも「話す練習」をちょこっとやっていますが、できるだけ本人達にしゃべらせるようにしています。私の言ったことをリピートするのではなく、あくまでも本人達が「言いたいことを英語で言う」

もう一つ感心したのが、Action(ゼスチャー) をつけながら話す練習をするという点。ワークショップではこんな会話練習をしました。

How's the weather?
It's sunny. / It's rainy. / It's cloudy. / It's snowy.

Sunny: 両手で頭の上に大きな丸を作り、"It's sunny." と言う。
Cloudy: 両手で雲の形を作り、"It's cloudy." と言う。

ゼスチャー付きだと、より覚えられそうだなーと思いました。しかも、子供はこういうの大好きですよね^^ そして、先生だけが質問するのではなく、生徒も質問する側になったり、ペア練習で質問者/回答者を交代しながら、積極的に生徒に話す機会を与えていきます。

このMATメソッド、これ以外にもいろんなアイデアが満載です。今、このメソッドの考案者である仲田利津子先生の本を読んでいるので、もっと勉強します!仲田利津子先生といえば、Let's Go シリーズの著者として有名です。

そして、今回のもう一つの目的だった教材販売コーナーもしっかり見てきました!見たことがない教材もたくさんあって、目移りしちゃいました~。結局購入したのは、2点。

Oxford Reading Tree: Stage 3: First Phonics: Pack (6 Books, 1 of Each Title) (Ort)
Oxford Reading Tree: Stage 3: First Phonics: Pack (6 Books, 1 of Each Title) (Ort)

ORTステージ6とこちらで迷ったのですが、ステージ6はまだ読めないだろうし、多読のルール(やさしいものをたくさん読む)に則って、こちらにしました。ステージ3レベルなので、何度か耳からインプットすれば読めそうです。

Let's Chant, Let's Sing: Level 2
Let's Chant, Let's Sing: Level 2

これは、以前から購入しようと思ってたので、即買い♪やっぱりこのシリーズはいいです。Hi Song など、Let's Chant, Let's Sing 1: Songs And Chants (Let's Go / Oxford University Press)  と似たようなチャンツもありますが、全く新しい表現も入っています。また追ってレポートします♪

娘達の英語活動は、週末はあまりしませんでした。唯一英語で話す練習をするおふろも、週末はパパと入るのでお休み。CDをかけたり、新しく買った ORT フォニックスの読み聞かせをしました。

 
☆かけ流し
Let's Chant Let's Sing 2
ORT First Phonics Stage 3

☆英語読み聞かせ
Oxford Reading Tree: Stage 3: First Phonics: The Mud Bath
Oxford Reading Tree: Stage 3: First Phonics: The Mud Bath

100冊マラソンから
Llama, Llama Red Pajama (Llama Llama)
Llama, Llama Red Pajama (Llama Llama)


☆日本語読み聞かせ
ロッタちゃんの自転車


★応援クリックありがとうございます★
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
【母の多読】 初☆ロアルド・ダール
0142413844The Giraffe and the Pelly and Me
Roald Dahl Quentin Blake
Puffin 2009-01-22

by G-Tools

6,823 語

ロアルド・ダールの作品を初めて読んでみました。邦題は 「こちらゆかいな窓ふき会社」。窓拭きをするのは きりん、ペリカン、さるです^^ 内容はゆずが喜びそう!と思ったら、対象年齢が4~8歳なんですね。

映画にもなった 「チャーリーとチョコレート工場」 の原作が同じ作者だったと、今頃気がつきました。こっちも読んでみたいなぁ。

Charlie and the Chocolate Factory (PMC) (Puffin Modern Classics)
Charlie and the Chocolate Factory (PMC) (Puffin Modern Classics)


総語数は ☆ 54万9千語 ☆

ダールはファンタジー好きのゆずにピッタリの作品だと思いました。表紙を見て興味津々で、「どんなお話~?」 と聞いていました。こんど、英語で読み聞かせしてあげようと思います。


☆かけ流し
CTP Math 1-1

☆英語読み聞かせ
昨日はももが、めずらしく英語の本を 「読んで~」 と持ってきました。
Five Little Monkeys Wash The Car (Five Little Monkeys Picture Books)


★応援クリックありがとうございます★
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

関連記事
次女も読む気になったらしい
ゆずが CTP を読んでる様子をビデオに録りました。それを見ていた もも もやりたくなったらしく、自分で本を選んで持ってきました(3冊も!) やっぱり「ビデオに録る」というのはうれしいんでしょうね。録ったらすぐに「見せて~」と言います^^

CTP Science 1-1
Buttons Buttons  26 語
I See Colors  26 語
What's Going On?  20 語

onebutton.jpg
"Buttons Buttons" は red, blue, little, big など知ってる単語が多く、最後にちょっとしたオチもあるので読みやすかったようです。

もものこれまでの語数もカウントしました。数字には再読分も含まれています。ORT の回数は結構テキトーですが、以前つけていた「読書ノート」のシール数をみると、相当な回数読んでます。下記の数字はシール数よりはちょっと少なめにしました。

--------------------------
ORT Stage 1 First Words
99 語 *5回 = 495

ORT Stage 1+ First Sentences
200 語 *15回 = 3,000

ORT Stage 2 Stories
287 語 *5回 = 1,435

CTP Science 1-1
Buttons Buttons 26 語
I See Colors 26 語
What's Going On? 20 語
--------------------------

ももの総語数 ・・・ 5,002語

やっぱり数字にするって大切ですね~。ももでも 5,000語 も読んだのかぁと感心しちゃいました。当面は CTP で音読を続けていきます♪


☆かけ流し
CTP Science 1-1
マザーグースCD

☆英語読み聞かせ
Read at Home: The Spaceship, Level 3c (Read at Home Level 3c)
Read at Home: The Spaceship, Level 3c (Read at Home Level 3c)

100冊マラソンから
Darkness Slipped In

Biscuit Is Thankful

Little House, Little Town

☆日本語読み聞かせ
きつねのおめん


★応援クリックありがとうございます★
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

関連記事
微妙なニュアンスの英語
話す練習 in おふろ。今回は、Yes / No で答えた後に、同じように私にも質問してもらうことにしました。

基本文:
A: Do you like apples?
B: Yes, I do. / No, I don't. Do you like Bananas?


私: Do you like apples?

ゆず: Yes, I do. Do you like Cherries?


私: Yes, I do. Momo, do you like Pineapples?


もも: Yes I do.
ゆず: Yes! Yes! I like Pineapples! (相当好きらしい)

私: Do you like Bananas?

ゆず: うーん、「まあまあ」ってなんて言うの?

私: So-so とか It's okay. だよ。

ゆず: So-so.



微妙なニュアンスの英語って、教科書で習う英語ではなかなか出てこないなーと思いました。普通の高校生3年生だった私が渡米した時、いろいろ質問されて Yes / No で答えることはできたのですが、「まあまあかなぁ」 「ちょっとだけね」 などの微妙なニュアンスがなかなか出てこなくて困った記憶があります(^^;

ゆずに "so-so" を教えた日、ウェブレッスンがあったのですが、早速使ってました。先生に "Do you like xx?" と聞かれて、"so-so" と答えていました^^ そうそう、使って覚えるのが一番♪


☆かけ流し
CTP Science 1-1
その他オーディオブック

☆ゆず音読
I See Colors (CTP Science 1-1)

☆もも音読
I See Colors
Buttons Buttons
What's Going On?
(CTP Science 1-1)

☆英語読み聞かせ
Read at Home: More Level 3C: Dragon Danger (Read at Home Level 3c)
Read at Home: More Level 3C: Dragon Danger (Read at Home Level 3c)

Let It Snow

☆日本語読み聞かせ
きつねのおめん
うえへまいります


★応援クリックありがとうございます★
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


関連記事
CTP 音読と長女の語数
わが家流 『絵本100冊暗唱メソッド』 実践編

1. CDをかける(目標1日1時間)
2・ 一緒に絵本をひらき、CDに合わせて読む(週に1,2回)
3. 一人で読めるようになったら録画する(CDと一緒でもOK)


昨日掲げた目標の(3)をやってみました。ゆずに1冊読んでみる?と聞くと 「やるー」 と言うのでビデオに録りました。これは以前も一緒に読んでいた本なので、すんなり読めました♪

Buttons Buttons (CTP Science 1-1) 26 語

ORT をステージ5までなんとか読んできたので、それも含めて語数を数えていこうと思います。

ゆずが今まで ORT で読んだ語数は 6,704 語。
ORT ステージ 1+、1~5 (再読も含む)
 
今回の語数を合わせると ・・・ 6,730語 (ゆず7歳)

ちなみにももはCTP絵本を読むことに興味を示さなかったので、もうすこし一緒に読んでから (3)の一人で読む をやってみようと思います。


☆かけ流し
CTP Science 1-1
その他オーディオブック

☆話す練習
基本文:
Do you like apples?
Yes, I do. / No, I don't.

☆英語読み聞かせ
Read at Home: The Real Floppy, Level 3b (Read at Home Level 3b)
Read at Home: The Real Floppy, Level 3b (Read at Home Level 3b)

One Mitten
One Mitten

☆日本語読み聞かせ
いしのスープ


★応援クリックありがとうございます★
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


関連記事
「絵本100冊暗唱メソッド」 をどう取り入れるか
4576080040改訂新版 赤ちゃんからの英語レッスン~親子で始める「絵本100冊暗唱メソッド」~
中村 あつこ
リヨン社 2008-03-25

by G-Tools



図書館で借りて読んでみました。読んでよかったです。同意する点がたくさんありました。

・耳で英語を聞くことが大切
・ナチュラルスピードの英語を聞く
・国内で作られた教材ではなく、ネイティブの子供が使う絵本(音源)を使う

また、「これをやればバイリンガルになる」 というのではなく、あくまでも 「ベースができる」 ときちんと書いてあるところも共感できました。

上記3点は、今まで私も感じていたことなので新しいことではなかったのですが、改めて勉強になった点があります。

☆暗唱は無理強いさせない 


→ めちゃめちゃがんばらせてました(汗) 本によると、それぞれ個性があり、暗唱が大好きな子もいれば、聞いて意味はわかってるけど、人前でそれを声に出すのが苦手(恥ずかしい)子もいる。なので、無理させず、あくまで自然にするのが一番いい。

☆上手に読めたら録画する

→ これは一度もやってませんでした。記録にもなるし、本人もうれしいだろうからこんどやってみます。

☆2000時間英語絵本を聞いた後は、文字が読めるように練習する

→ 2000時間というと、かなり長い年月を要します。1日2時間聞いても3年はかかります。1日30分程度のわが家では、2008年12月から今まででわずか 592時間・・・。まだまだ聞く時間が必要と言うことですね。

読む練習については、この100冊メソッドを進めてみて、文字を拾えるようになったら少しずつ教えていこうと思います。


というわけで、当面はせっかく家にある CTP レベル1 の18冊(CD3枚) を聞きまくり、一緒に読んでいこうと思います。

1. CDをかける(目標1日1時間)
2・ 一緒に絵本をひらき、CDに合わせて読む(週に1,2回)
3. 一人で読めるようになったら録画する(CDと一緒でもOK)

これを 100冊分、やってみます。まずは一番簡単な CTP Science 1-1 から!1週間ほどみっちりかけ流してみようと思います。 


☆かけ流し
CTP Science 1-1
CTP Math 1-1

週末は、CTP だけではすぐに終わってしまうので、ナルニアのラジオシアターもかけていました。
*現在出品者からのみ
The Chronicles of Narnia (Chronicles of Narnia Radio Theatre)
C. S. Lewis Douglas Gresham
1589971493


☆英語読み聞かせ
100冊マラソンから
I Like Me!
Get Up and Go!
Little Loon and Papa

☆日本語読み聞かせ
まてまて!きつねのおめん


★応援クリックありがとうございます★
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

関連記事
CTP 復活 と 話す練習パート2
うららさんのブログを読んで、ちょっとCTPを復活させることにしました。ゆずが5歳の時に CTP Fun and Fantagy 1-1 を購入し、暗唱をがんばらせてしまいました。今思うと、暗唱といっても、CDを聞きながらやればよかったのに、まだ英語が読めないゆずに絵本を見ながら暗唱させてました(汗)。当然本人はいやがるようになり、最後は必死で合格させようとしてた様子が過去記事からも伺えます。

まだやってます、The Bear...
すごく細かいところまで気にしてる当時の私。「"under" や "into" が言えなかったから不合格」 とか言ってるし。きびしー。

久しぶりに CTP Science 1-1 をかけてみました。本を開いてCDと一緒に読みます。"Buttons Buttons" などは、本を見ないでも言えてました(ゆず)。耳で覚えてるのか、もう知ってる単語が多いからか。

改めて聞くと、やっぱりCTPは良くできてる!うららさんのコメントにもありましが、基本文から単語を変えていくパターンが多いです。

I see yellow.
I see red.
I see blue.


まさに今、話す練習でやってるのと同じ!CDはとてもいいのですが、レベル1だと時間が短いです。15~20分くらいかな?正直、CDを交換するのがめんどう・・・。とりあえず、毎日1、2回かけて、1週間後にCDを聞きながら本を読む、というのをやってみようと思います。


=== 話す練習 ===

昨日はゆずが 「今日の晩御飯なに~?」 と聞くのでクイズ形式にしてみました。

基本文: It's yummy.

私: It's yummy. It's Chinese.


もも: It's Gyoza!

あちゃー、ももが答え言っちゃったよ(^^;


気を取り直して、お風呂で再度挑戦。特に思いつかなかったので、その辺にあったフライパンのおもちゃを使うことに。

基本文: I have a frying pan.

もも: おなべってなんて言うの?

私: "pot" だよ。


もも: I have (a) pot.

私: I have two girls.

ゆず: I have two girls and Dad.

私: Yes, you have a sister, Mom and Dad.

その後、I like... を使って、食べ物バージョンで遊びました♪


☆英語読み聞かせ
Read at Home: More Level 3a: Missing (Read at Home Level 3a)
Read at Home: More Level 3a: Missing (Read at Home Level 3a)

Just a Mess (Little Critter) (Look-Look)

I Was So Mad (Little Critter) (Look-Look)

I Just Forgot (Little Critter)

☆日本語読み聞かせ
ブルくんとねずみくん (ねずみくんのしかけ絵本)


★応援クリックありがとうございます★
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

関連記事
こどもの英語で重要視したいポイント
ゆずが5歳の時から少しずつ英語教育を始め、2年ほどの間にいろんな取り組みをしてきました。最近はオーディオブックのかけ流しと絵本の読み聞かせ、ORT音読がメインです。ORT音読をやっていると、「早く次のステージが読めるようになって欲しい」 という気持ちがフツフツとわいてきます。1年前の目標でも 「I Can Read! レベル1 程度の本が読めるように」 と書いてあります。でも、よく考えたら、そもそも英語が読めるようになって欲しいんじゃなくて、【話せるように】 なって欲しいのでした。

その理由は

聞く、話す、読む、書く の4技能のうち、聞く・話すがコミュニケーションの基本だと思うから。

読み書き については、自学でも十分習得できるし、中学高校でもある程度教えてくれます。

というわけで、話せるようになる ことに目標を定めて進めていこうと思います。

まずは現状の把握

・英語が聞けるようになった
英語のCDをかけ始めたころは嫌がることもありましたが、今では習慣になり、オーディオブックの台詞をCDと一緒に言ったりします。また、私が繰り返し使う日常的な英語は理解してます(3,4センテンスのみですが)。

・Yes / No で返答ができるようになった
簡単な質問に対して、Yes / No で返答します。質問といっても、理解できるのは "Do you want some tea?" など、簡単で聞いたことがある文章です。


さて、ここからどうやって話せるようにもっていくかですが、「話す環境」 を作ってあげないといけません。一番手っ取り早いのは、私が英語で話しかけること。でも、これははっきり言って無理・・・。そりゃそうですよね・・・。そこでやってみたのが 「簡単な日常会話のみ英語にする」。これはもう1年以上やっています。ただし、1日にできるのって、3センテンスくらい。これじゃ全然足りません・・・。当初は少しずつ増やしていけばいいや、と思っていましたが、小学生にもなると会話も複雑になり、とても英語で代替できるレベルではなくなってしまいまいした。

じゃあどうすんの?ってことで思いついたのが、ひたすら 「話す練習」 をする!

やっぱり練習が必要です。しかも、ただ聞いたことをオウム返しするんじゃなくて、「自分の言葉を発する」 ことを練習していきます。

やり方は パターンプラクティス(ある文型の英語にいろいろな単語を入れ替えて練習する) にちょっと似ているのですが、子供なので、機械的にならないよう工夫しながら進めていこうと思います。

昨日早速やってみたのが、絵本に出てくるセンテンスを使い、自分でアレンジして言ってみる方法。

I Like Me! (Picture Puffins)


この本がもものツボに入ったらしく、私が "I like me!" というだけでも笑っています^^ せっかくなので、これを採用。

基本文: I Like Me!

私: I like me. I like apples.

ゆずともも も自然に英語でいい始めました。

ゆず: I like banana.

もも: I like cat.


私: I like Momo. I like Yuzu.

ゆず: I like mommy. I like dad.


もも: I like.... 家族ってなんて言うの?

私: "family" だよ

もも: I like family.



こんな風に、どんどん広がっていきます。この会話を始めた時点で、二人は "like" の意味を知らなかったようで、途中で 「"like" ってどういう意味?」 と聞いていました(^^; でも意味を知ってからは、自分でセンテンスを作りたくて、○○ってなんて言うの?と次々に質問。ゆずの "banana" に "s" がなかったり、ももの "I like family" もそれだけで聞くとヘンな感じがしますが、ここでは細かいことは気にせず、「自分の言葉で言う」 ことに重点をおきます。

昨日はこれだけ。こんな感じで、話す練習をちょっとずつやってみます。ORT音読はしばらくお休みして、読み聞かせだけにしようと思います。かけ流しとその他絵本の読み聞かせは続けていきます。


☆かけ流し
CTP Science 1-1 から6冊

☆日本語読み聞かせ
ぴよちゃんのおさんぽ
おおおかさばき


応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


関連記事
ワークブック終了(次女5歳)
Dot-To-Dots

長い間、全く手をつけていなかった英語のワークブック。ひらがなや数字のワークは時々やっていました。2日ほど前にふと思い出して、このワークをやり終えました。ももは、ゆずと違ってどんどん先に進みたいタイプのようです。やり始めたら一人でささーっとやっちゃいました。ゆずは脱線が多くて、1ページするのに30分以上かかったりします(>_<)

dot2.jpg


アルファベットと数字の点つなぎが半々くらい。ABCの歌をうたいながらやってました^^ よく見ると、ページごとに英語で絵の説明があります。それを読んであげればよかった・・・。

次はゆずが年長の時に使ったアルファベットワークにしようかと思ったのですが、ももはページ数が多くてもできそうなので、こっちにしようと思います。

Big Preschool Workbook


☆英語読み聞かせ
Read at Home: More Level 3b: The Raft Race (Read at Home Level 3b)
Read at Home: More Level 3b: The Raft Race (Read at Home Level 3b)

100冊マラソンから
Get Up and Go!
Get Up and Go!


応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

関連記事
ウェブレッスンに必要なもの
1)機材の準備

・スカイプ
・マイク
・ウェブカメラ

わが家の場合、ノートPCを購入した際にマイクとカメラは付いていたので、それを使用しています。スカイプは無料でダウンロードできます。

2)モニターレッスンを受ける

環境が整ったら、モニターレッスンを受けてみましょう。

オンライン英会話はたくさんあるので、比較サイトを見るのが一番いいですね。そこで、特徴やレビューをみて、条件に合うものを選びましょう。例えばここ(http://eigokoryaku.com/)。

わが家の場合はこんな条件で選びました。

・キャンセルができる (急用が入ったときなどに、ペナルティーなしでキャンセルできると便利)
・先生が子供慣れしている (ゆずは初心者レベルなので、一からていねいに教えてくれる先生がいい。あと、楽しいレッスンができる先生がベスト)
・入会金なし、料金が1回500円以下

ゆず(7歳)が現在受けているのはハニーバーズイングリッシュ。以前は英語しゃべり隊でした。あと、インターネット・イングリッシュ・アカデミーでもモニターレッスンを受けました。3社利用してみて、今のところハニーバーズが一番気に入っています。3社の比較記事はこちら

ハニーバーズは、ゆずが先生のことをとっても気に入っているので、しばらく続ける予定です。ただ、月曜日がお休みなことと、1回 500円 は比較的高め (しゃべり隊は350円で受けていた) なので、もう一社別のスクールを探そうと思っています。2社かけもちで、週2回のレッスンを受けるのが今はベストかなーと思っています。


☆かけ流し20分
There's No Such Thing As Monsters

今朝、このオーディオブックを聞きながら、ゆずも一緒に

"There is a monster's tail!"

と言ってました^^

☆英語読み聞かせ
100冊マラソンから
Altoona Baboona
Altoona Baboona

Read at Home: The Old Tree Stump, Level 3a (Read at Home Level 3a)
Read at Home: The Old Tree Stump, Level 3a (Read at Home Level 3a)


応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。