ゆず中1・もも小4と一緒におうちで英語学習!かけ流し、母の一方的な語りかけ、キンドル・リーダーの音読。母はなんちゃって帰国子女。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんとか1冊、ORT・・・
昨晩もゆずはへとへとで、英語絵本を読む時間もなく撃沈・・・。学校と習い事の宿題でいっぱいいっぱいでした。



ももとは一冊だけ ORT を読みました。Stage1+ の「Go Away, Floppy」。Stage1の「Floppy Floppy」に引き続き、こちらも二人のお気に入りです。絵を見ながらももは、

Oh, no!


とか言っていました。そんな文章は出てこないのですが、Floppy がいたずらしようとしてる絵をみてそんな言葉がでてきたのでしょうか(^^;

いよいよ明日から2週間のアメリカ旅行です。ORT や CTP も何冊か持って行く予定です。パソコン環境があれば、ブログの更新もしていきます♪

応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
親子留学
来週から2週間、家族でアメリカに行ってきます!親子留学といっても、私とではなく、ゆずとおっとです。いろいろ考えていたことがあったのですが、結局現地の人とうまく連絡がとれず、ぶっつけ本番で行ってみます(^^;) 旅行がてら、ちょこっと英語も勉強、といった感じです。ゆずは地元の小学校の Home Base という、日本で言う育成室もしくは学童に行く予定。おっとは、本人が「せっかく2週間も行くなら英語を勉強したい」というので、ボランティアで英語を教えてくれるところを探しました。まだ連絡はとれていませんが(汗)。そんなわけで、準備に追われるわたしです(@_@)
関連記事
心があったかーくなる絵本
わが家にある日本語絵本の中から、わたしの一番のお気に入りを紹介しちゃいます。



「しろねこしろちゃん」
というかわいい絵本です。対象年齢は、読み聞かせなら2歳から、自分で読むなら小学校低学年から、となっています。白猫のしろちゃんには3匹のお兄さんがいるのですが、みんな黒猫。お母さんも黒猫。「どうして自分だけみんなと違うの?」と悩むのですが、最後にお父さんが登場して・・・。そのお父さんが登場するところがなんともいえずステキで、心がほわ~んと、あたたかくなります♪

ゆずが2歳の時、読み聞かせをしていると、一人ですらすら暗唱し初め、最後まで完璧に暗唱したのを覚えています。それだけ2歳児でも楽しめるお話だったんだと思います。MAYA MAXX さんの絵もステキで、お話のキーになる白と黒という色がうまく表現されています。お父さん猫の絵は、迫力があるのにやさしさも感じることができ、すごい表現力!と感心しちゃいます。

こういうステキな絵本は何度も読みたくなるし、年齢に関係なく楽しめますね。英語の本も同じで、いいお話だとやっぱり何度でも読みたくなります。ゆずやももが ORT を気に入っているのも、お話が面白いからだと思います。これからもステキな絵本をこどもと一緒に楽しんでいきたいです。

昨晩は、寝る前にバタバタしてしまい、残念ながら ORT は読めませんでした・・・。CTPからは2冊、「Buttons Buttons」 と 「The Four Seasons」 を読み聞かせました。

応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
CTP 8 冊目合格!
週末に、ゆずはCTPの 8 冊目 「Buttons Buttons」 の暗唱ができるようになりました!

onebutton.jpg


ここ2週間ほど取り組んでいた本です。短い文章ばかりなのですが、little, lost, found などが難しかったようです。最近はももが一緒になって暗唱していて、ゆずが

Little buttons

のところで詰まっていると、ももが横からさらっと言ってしまったり(^^; ゆずの中で「3歳の妹には負けていられない」という気持ちが沸いてきたのか、先週1週間はがんばって取り組んでいました。次はどれにする?と聞くと、これがいい!と言ってゆずが選んだのが、同じく Science 1-1の 「The Four Seasons」 という一冊。こちらも絵がとってもカラフルで、文章もシンプルです。「Buttons Buttons」 よりは単語数が少ないので、以外に早く合格できるかも?

ORTも読みました。Stage 1 と 1+ から、一日2、3冊のペースで音読しています。中でもこの2冊 「Reds and Blues」 と 「Big Feet」 は大のお気に入りらしく、最後のオチのページをそれはそれは嬉しそうに読んでくれます♪



応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
考え直さなきゃ・・・
ゆずが小学生になって3ヶ月。本当に毎日あわただしい。

ゆずも、わたしも、それに巻き込まれるもも(3歳)も。第一子なので、ゆずに対してついついがんばってしまう自分がいます。帰ってくると、宿題の見直しをし(学校の宿題は学童でやります)、習い事の宿題、さらにドリルを一ページやるようにしています。毎日「なんとかやってる」状況で。最近は、このままでは「親がやらせる勉強」になってしまわないかと危惧しています。かといって、完全に自主性にまかせてしまうとやらないでしょう。押すばかりじゃなくて、引くこともしなきゃなぁと、頭では考えるのですが、それをする勇気がないわたし・・・。毎日夕方に帰ってきて、ホッとする時間がないまま倒れるように寝てしまうゆず。考え直さなきゃな、と私のベッドで寝てしまった彼女を運びながら思いました。

応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
プリンセス好きならこのオーディオブック
最近アマゾンで購入した、ディズニー映画 「魔法にかけられて」 のオーディオブックです。



ゆずとももはこのDVDが大好きで、これまで何度も見ました。残念ながら英語では見てくれないので、日本語で見ています。このオーディオブックはかけ流し用と、聞きながら読めるようになればいいかな、と思って購入しました。最初に見せた時は、「わー、ジゼルだ~♪」とすごくうれしそうでした。CDをかけると、本をパラパラめくっていました。

残念な点:
音楽が入っていないこと。映画では歌がたくさん出てきて、それがディズニー映画のよさだと思うので、その音楽がないのはマイナスでした。

良かった点:
メインは男性のナレーションですが、所々でジゼルやプリンスエドワードなど、実際の役者さんが台詞を言ってくれます。効果音も入っているので、映画のシーンを思い浮かべながら聞けるのはいいです。本は24ページのオールカラーで、映画のシーンがそのまま載っています。あと、なんといっても安い!884円なら、ちょっと残念な点はあるけどまぁいいかな、と思えます。

この Read-Along シリーズは、他にも「リトルマーメード」や「ファインディング・ニモ」などがあるので、今後もうちで活躍しそうであれば、他のも買ってみようかなぁ、と思います。

昨晩は、ゆずが英語時間の前に寝てしまったので、ももにだけORTから2冊、CTPから「Buttons Buttons」の読み聞かせをしました。

  

「The Pancake」の最後のページでは、「なんで頭にのってるの?」なんて二人で笑いながら読みました(*^_^*)。

応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
ゆずと英語で会話♪
これまでほとんど語りかけをやってこなかったわが家。やらなかった理由は、単に日本人同士なのに英語で会話する、というのがこっ恥ずかしかったから(^^; でも、ここにきてちょっとやってみようかな~と思い始めています。その理由は、

1. ももが3歳になり、日本語のベースが完成した
2. 話す力をつけるには、実践が不可欠
3. 「聞いた英語」をものにするには、実際に自分の言葉として使うのが一番(アウトプット!)

そこで、本当にちょこっとですが、実際にやってみました。以前から、とーっても寂しがり屋で独占欲の強い姉、ゆずには、時々こんなフレーズを英語で言っていました。

I love you the most in the world.

世界で一番大好きだよ。

(※妹のももにわからないように、あえて英語で言っていました。^^;)

先日、お風呂上りにたまたま二人きりになったので、この秘密のフレーズを言ってあげました。ゆずにも、「(英語で)何か言って」と促すと、

Hi. Nice to meet you.


あれれ?いきなりあいさつ?わたしが「うーん??」という反応をしていると、

I love you, too!


と言ってくれました!わーい。会話できるじゃん♪英語で会話できたことも、その内容もとってもうれしかったです。ちょっとがんばってみようかなぁ、語りかけ。

応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
イギリス英語とアメリカ英語 - Wet day? Rainy day?
ORT Stage1+ の「Kipper's Diary」を読んでいると、こんなことがありました。




It was a wet day.


というページで、ゆずが

It was a rain...


と言い始めたのです。そっか、ゆずの中では「雨=rain」 とちゃんと認識されてるんだ!と違うところで感心する母。でも本に書いてあるのは「wet day」だったので、ここではそう読んでもらい、その後、「どちらの言い方でも正しいんだよ」と説明しました。きっと、本人が実際に英語を使う状況におかれた時には、うまく使い分けるんだろうと思います。そう思って、今はその都度対応していこうと思います。

CTP もぼちぼちがんばってます。昨日は(めずらしく?)自分から、現在取り組み中の 「Buttons Buttons」 を準備して待っていました。そして暗唱を始めましたが、やはり little, lost, found などなじみのない単語が言えなかったです。最近はCDもあまり聞けていないので、毎晩同じように暗唱に取り組むだけでは難しいだろうなぁ、とは思うのですが・・・。今日は暗唱の前に、少し予習をしてみようと思います。

応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
わたしの英語学習暦 その5 ~大学進学~
久しぶりにわたしの留学話の続きを書こうと思います。

5月になり、ハイスクールはいよいよ卒業です。日本は7月20日ごろまで一学期がありますが、アメリカでは5月末になるともう夏休みです。長かったような短かったようなハイスクールでの一年。無事に卒業の日が迎えられて、ほっとした気持ちだったのを今でも覚えています。

卒業後の進路ついて・・・まさか異国の地で、英語もカタコト、ビザもないわたしに就職先があるわけもなく、それほど勉強好きでもなかったですが、大学へ進学することにしました。あちらでは、高校までが義務教育で、ほとんどの子が大学、もしくはコミュニティーカレッジ(日本でいう短大のような位置づけでしょうか)に進学します。三年生の時に、進路カウンセラーに会ったり、親と一緒に目ぼしい大学に見学に行きました。どの大学がいいかなんてよくわからないので、とりあえず親の住む家からあまり遠くなく(同じ州内)、留学生を受け入れているところで探しました。

入試について
・・・アメリカ人であれば、SATという日本でいうセンター試験のようなものを受けます。わたしは外国人だったので、英語力をはかるためのTOEFL(日本では TOEIC の方が有名ですね)のスコアと、願書を出す際にエッセイ(作文)が必要でした。TOEFL は、TOEIC のように、何度受けてもいいテストなので、高校生のうちに 4、5回受けたような気がします。願書を出したのは5校くらいだったでしょうか。そのうち何校から合格通知が来たかは忘れてしまいました。結局、州で一番有名(いわゆる“University of ○○”という名前)で、親の家からも車で数十分の大学に入れることになりました。ただ、入学時点のTOEFL スコアが基準に満たなかったため、ESL(=English as a Second Language、第二言語として学ぶ英語のクラス)を英語力が基準を満たすまで、通常のクラスと平行してとることになりました。初めは週5時間とっていたような気がします。2学期の終わり(だったと思う)に受けたテストで、英語レベルがクリアになり、それ以降はESLをとる必要がなくなりました。

今思うと、その州最大の大学に行けたのはとてもラッキーでした。しかも、そのまま日本に残っていれば、4年制大学なんて視野に入れていなかったと思うので、大学に進学できただけでもラッキーだったかも(レベル低すぎ?^^;) 大きい大学の方が学部数も多く、留学生も多かったので、その点もよかったです。ちなみに、大学のオリエンテーション(説明会)の日、たまたま一緒に行った日本人の友達がいて、

Can she take the orientation, too?
彼女もオリエンテーション受けていいですか?

と受付の人に聞いたところ、

Sure.
もちろん。

とか言って、そのまま参加し、なんとそのままわたしと同じ時期に入学したのでした!なんともアメリカらしい Flexible な対応!と感動したのを覚えています。次回は、大学入学までの長ーい夏休みについて触れたいと思います。

最高記録!ただ今20位。いつも応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
ORT が一人で読めた!(2冊目)
昨晩、ゆずが ORT の2冊目を一人で読みました!一冊私が読んであげた後、好きなのを一冊選んで読んでごらん、と言うとこちらを選びました。「Fun at the Beach」



一単語ずつ、ゆっくりですが確実に自分で読んでいました。登場人物の名前以外ででてくる単語は 「and」 くらいです。とても簡単なようにみ見えますが、英語環境で生活していないゆずにとっては決して簡単ではないはず。でも、がんばって最後まで読めました。楽しいお話と楽しい絵を見ながら「自分で読める楽しさ」が体験できます。それが ORT のいいところだと思います♪ 「自分で読めた!」という達成感もこどもにとっては重要ですね。

Stage 1+ からもお気に入りの一冊を一緒に読みました。



こちらはCDを聞いているので、「これ知ってるよ!」と言って、まーそこそこ読めていました。5割くらいかな。

CTP は引き続き 「Buttons Button」 に取り組み中。「square」、「round」、「lost」、「found」 などの単語が難しかったようです。あともう一息、かな。

応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。