ゆず中1・もも小4と一緒におうちで英語学習!かけ流し、母の一方的な語りかけ、キンドル・リーダーの音読。母はなんちゃって帰国子女。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ORT のイギリス英語とアメリカ英語
いずみ書房で注文していた ORT Stage 1+ が届きました。今回はCD付きの6冊パックです。

↓アマゾンではCDなし6冊パックが購入できます。


ORTを始める際、これまでアメリカ英語の教材ばかりだったので(CTP や Wee Sing)、イギリス英語だとこども達が混乱しちゃうかなぁ、わたしがイギリス英語になじみがないので違和感あるかなぁ、とちょっと心配していました。でも、CDを聞いてみると、全く気にすることなかったです。最初にイギリス英語の朗読があり、次にアメリカ英語、という構成なのですが、どちらも普通に聞けました。ゆずも何も言っていなかったので、違和感なく聞けたんだと思います。おもしろいなーと思ったのが、疑問文の時に、イギリス英語では語尾を上げないのに、アメリカ英語では上げる。

Is it a big monster?

などを読むときにそうでした。でも、どちらでも通じるわけだし、どちらが正しいと言うわけでもない。

CD自体は、CTP のにぎやかなのと比べると落ち着いた感じ。でも、耳障りじゃないというか、何かをしながらかけるには向いていると思います。

絵本も読んでみました。相変わらずオチが面白くて、3人で笑いながら読みました(^0^)

ゆずはCTP 暗唱もやりました。今週は Science 1-1 「Buttons Buttons」 に取り組んでいます。

One button
Two buttons

Red buttons
Blue buttons


など、知っている単語が多いので、ほとんど言えていました。

ももには Math 1-1 から2冊読んであげました。
「I See Patterns」
「The Costume Parade」


応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
こどもが本を読み始める時
もも(3歳)と絵本を読んでいて、「こどもが本を読み始める時」について考えました。

ももは当然、日本語での会話はぺらぺらですが、読みに関してはまだまだです。今のところ、名前のひらがなが読める程度。昨晩、読み聞かせをしていると、「ももちゃんが言うから」といって、覚えているところは自分でいい始めました。ゆずが CTP でやっている暗唱と同じような感じです。本が読めるようになるまでには、きっとこんなプロセスを踏んでいるんだと思います。

1. 耳から聞いて覚えた文章を言えるようになる
2. 音と文字を関連付ける
3. 耳で聞かなくても自分で文字を認識して読めるようになる


英語の本を読むときも同じような感じで、最初は耳から覚えています。ももは日本語も英語も 1 の段階。ゆず(6歳)は日本語は 3、英語は 2 に入っていると思います。

ちなみに、ももが読んだ(暗唱した?)のは、「ゆうちゃんとこびと」(フルベール館)という、とってもかわいい絵本です。

文字が読めなくてもお話の流れは全部覚えていて、小人さん達が出てくるところなんかは、「つぎ、こびとさんが出てくるよ!」と、とっても嬉しそうに教えてくれます。日本語の本は、英語とは違って、「ここまでできたら合格」なんてやっていませんが、日本語絵本の音読も大切にしていきたいです。

週末に、ゆずは CTP Science 1-1 「I See Colors」の暗唱ができるようになりました!ORT も Stage1: First Words から2、3冊読みました。そろそろ、Stage1+ に進もうと思います。

応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
コツコツORT - Who Is It?
ゆずと、「Who Is It?」を一緒に読みました。



Mum and Kipper


という感じでほとんどが登場人物の名前です。最後に

Oh, It's Dad!


というおもしろいオチがあるのですが、そこを読むのが大好きなゆず。やっぱり、読んでいて楽しい~と思わせるところが、さすが ORT だと思います。「Oh」という単語は、ゆずが初めて読めた本「Floppy Floppy」にも繰り返し出てきたので覚えてしまったようです。

CTP絵本 「I See Colors」 の暗唱もやりました!「I see brown.」のページにある茶色のもの達が黒に見えるらしく、

I see black!


と言っていたゆず。おーっ、どこかで「black」を覚えたんだー、と違うところで感動してしまった母です(^^)。もうほとんど合格。

ちなみに今朝、「I See Colors」を聞かせておこうとCDをかけると、「もうこれいやだ~。聴き飽きた!」とご立腹でした(汗)。しかたなく、クリフォードのCDに変えました(^^;

応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

関連記事
CTP 進んでいます!
2日前から取り組んでいる Science 1-1。昨晩、「どれを読もうかな~」とわたしが言うと「これだったら読める!」とゆずが手に取ったのが「I See Colors」というカラフルな一冊。

iseered.jpg

I see red.
I see blue.
I see yellow.
I see green.


とシンプルな文章が続き、最後に

I see colors all around.

で終わります。

CD を聴いて耳から覚えたのと、「red」「blue」など色の単語はこれまでの読み聞かせで覚えていたようです。

I see brown.

のことろだけ、「えーっと、この色はなんて言うんだっけ」と悩んでいました。それ以外は、何も教えなくてもスラスラ暗唱し始めたので、ちょっとびっくりでした。暗唱と言っても、本を見ながらなので、絵をヒントに読んでいるようです。文字はほとんどみていないようですが、できるだけ指差ししながら読むようにしています。

ももも、負けずに CTP 絵本3冊を一緒に読みました。

Fun & Fantasy 1-1 「Little Green Frog」
Math 1-1 「Who Took the Cookies from the Cookie Jar?」
Math 1-1 「I See Patterns」

わたしがゆずと暗唱をやっているのを聞いているので、「ももちゃんも、これできるよ」と言って、「Little Green Frog」を暗唱し始めました。完璧ではなかったですが、ほとんど言えていたので、3歳のももは合格にしちゃいます(下の子には甘い母)♪

ゆずは ORT 音読もやりました。



応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
ゆずとももの愛用教材♪
今日は、わが家にある主な英語教材をまとめてみようと思います。それぞれ、おすすめ順に書いてみます。

☆CD

1. CTPのCD・・・歌やチャンツになっているものが多く、とても覚えやすいです。英語時間の少ないわが家でも、朝30分だけかけたりしています。現在持っているのは、Fun & Fantasy 1-1, Science 1-1, Math 1-1 の3枚。英語教材の ctm で購入。CD付き6冊セットが2,500円。CDのみを1,000円で購入することもできるようです。

2. Wee Sing 2 枚・・・曲数もたっぷりだし、子供の歌声がかわいいです。ノリが良くて、聴いているうちに思わず口ずさんでしまいます。あと、歌詞と楽譜がついてくるのも Good!現在持っているのは、Wee Sing Children's Songs and FingerplaysThe Best of Wee Sing。マザーグースも欲しいなぁと思っています。




3. マザーグース・ベストセレクション 45・・・いずみ書房で購入(4,515円)。付属の大型絵本を見ながら聴くのがゆずのお気に入り。やさしい女性の歌声で、Wee Sing と比べるとゆっくりした感じ。ゆずともものお気に入り「ロンドンブリッジ」が入っているので、どれかける?と聞くと結構これを選ぶことが多い。今買うなら、3,150円の「マザーグースコレクション」にするかな。こっちの方が曲数が多く、絵本の絵がかわいい。

4. Twinkle, Twinkle, Little Star・・・CD付き絵本。おなじみの曲だし、ゆったりした曲調なので聴きやすいです。同じシリーズで、「Itsy Bitsy Spider」や「Row Row Row Your Boat」があって、そのうち欲しいなぁと思っています。




☆絵本


1. CTP Learn To Read・・・2008年12月に最初の6冊 Fun & Fantasy 1-1 を購入(2,500円)。2009年5月に Science 1-1, Math 1-1 を購入。6月に Fun & Fantasy 1-1 の暗唱が終了し、現在 Science 1-1 に取り組み中。楽しいCD付きなので、耳からの英語学習用として愛用中。

2. ORT (Oxford Reading Tree)・・・2009年6月に Stage1 First Words 6冊セット(CDなし)を購入。CTP に比べると単語が少なくて読みやすい。一つずつのお話も楽しいし、シリーズになっているので先が読みたくなる。ゆずのリーディング教材として愛用中。



3. その他の英語絵本・・・Clifford 2冊、ディズニー 5冊、レオ・レオニ 2冊、Step Into Reading シリーズ 3冊など。全部で30冊くらいかな。

☆ビデオ・DVD


1. リチャード・スキャリー・・・一番最初に買った英語ビデオ。絵もお話もかわいくて、わたしも子供達も大好きなシリーズ。1本20~30分なのでちょっとした時間に観れます。アマゾンと、もう閉店してしまったECCのオンラインショップで購入。ビデオ版は手に入りにくいようですが、英語教材専門店ネリーズにありました(2009/6/26現在)。

2. その他のDVD・・・ディズニー、パワーパフガールズ、スポンジボブなど。スポンジボブ以外は日本語が入っているので、英語では観てくれないです・・・。

現在は時間のあるときにCDをかけ(1日平均30分)、寝る前に読み聞かせ、CTP暗唱、ORT音読に取り組んでいます。まだまだ英語で話す段階にはきていないですが、CD(特にCTP)の効果でリスニングは鍛えられていると思います。今後もCDかけ流し、CTP暗唱、ORT音読の三本柱でやっていこうと思います。

応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
英語耳
「『スポティッドハウス』は『スポティッド』なのに、『ストライプハウス』はなんで 『ストライプ』じゃないの?」

CTPの Fun & Fantasy 1-1 「Where Do Monsters Live?」を聞いていた時、おっとがこんな質問をしてきました。もちろん、ストライプにも ed がついて "a striped house" です。でも、おっとの耳には聞こえなかったようです。ゆずにそのページを読んでもらうと、

A striped monster lives in a striped house.


と、ちゃんと ed をつけて言っていました。たしかに、"spotted" は、ed が最後の tt にかかっているので聞き取りやすく、"striped" は最後に d がついただけなので、"stripe" との違いが聞き取りにくいです。よく、大人になると特定の英語の音が聞き取れなくなる、と言いますが、やっぱりそうなんでしょうか?わたしが思うのは、大人になると、知識がじゃまをして「聞こうとしてない」っていうのもあるんじゃないかと。"a striped house" は日本語では「ストライプハウス」とカタカナにできます。でも "a spotted house" は「スポットハウス」ではなく「水玉ハウス(水玉模様の家)」となります。だから "a striped house" の時は、頭の中で「ストライプハウス」に変換され、耳でも "a stripe house" としか聞こえなくなってしまったのではないかと。おっとと子供達で、聞こえ方に違いがあっておもしろいです。

やはり、耳からの英語は大切だなー、と再確認したのでした。

ただ今36位!応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
CTP、ついに合格!
前回、「CTPが進まない~」と書いたばかりなのですが、昨晩、ついに「Where's Your Tooth?」の暗唱ができました!「grandpa」「dad」と言ってしまう箇所などがあったのですが、自分で正しく言い直せていました。これで、最初の6冊 Fun & Fantasy 1-1 が終わりました。CTPがわが家にきてから半年。始めはCDを聞いて、一緒に歌ったり、時々本を読み聞かせる程度でした。暗唱を始めたのは2ヶ月前くらい。途中、なかなか暗唱が進まなくて悩んだりもしましたが、とりあえず最初の6冊がクリアできてよかったです♪ちょっと得意になったゆずは、ももに「もももやりなよ~」なんてお姉さんぶっていました(^^)

Tooth

Fun & Fantasy
はチャンツが多くて、CDを聞いていても楽しいし、フレーズを覚えやすいのですが、本を読んだり、暗唱したり、となると単語数が多くてちょっと大変でした。最近購入した Science 1-1 をみると、こちらの方が文章が短くてシンプルです。今更ながら、Science から始めればよかったかなーなんて思います。

ORTの Stage 1 First Words をみていて思うのは、やはり自力で読むにはCTPは難しいなー、ということ。読むことに重点をおくなら、やはりORTだと思います。理由は、(1)単語数が少ないことに加えて、(2)登場人物がいつも同じ(3)ストーリーになっているからです。これからも、CTPでリスニング、ORTでリーディングを進めていこうと思います。

応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
CTP 暗唱、どこまで求めるか?
ゆずのCTP暗唱がなかなか進まず、本人も最近はいやがることが増えてきました。わたしの中で、「暗唱ができたら合格、それから次の本に進む」というルールを勝手に作ってしまったために、合格できないとついついがんばってしまいます・・・。一週間ほど取り組んでいる「Where's Your Tooth?」は、ほとんど暗唱できています。間違うのは、最後の「Here's...」「Where's...」と言ったり、名詞の「Chair」「Bear」がなかなか出てこなかったり。でも、日本語環境で生活しているゆずに、完璧な暗唱を求める意味があるのかなーと、ふと考えました。最近はORTも始めたことだし、少しやり方を変えてみようかと思います。何よりも、ゆずが英語絵本を嫌いになっては意味がないので、楽しみつつ取り組めるような方法を考えていこうと思います。

そんなわけで、今日はCTP暗唱はなしにし、Fun & Fantasy 1-1 と Science 1-1 のCDをかけ、寝る前の読み聞かせに、ORT Stage1 から2冊、ゆずのリクエストでリチャード・スキャリーとシンデレラの2冊を読みました。

  

リチャート・スキャリーは、ゆずとももが大好きなシリーズで、ビデオも4本持っています。今日読んだ本はビデオと内容が同じなので、二人とも気に入って見ています。シンデレラも、もともとプリンセス好きなので絵をみるだけでも楽しそう♪「One」から「Twelve」までの数字にちなんだ短い文で構成されているので、ゆずの英語レベルでも理解できるようです。

この「Step into Reading」シリーズは、アメリカの本屋さんでも見かけました。子供が自分で読めるように、レベルわけされています(この2冊はレベル1)。レベル1の英語は比較的やさしいのですが、ゆずのように第二言語として英語を習っている子供が自分で読むには難しいかなぁという印象です。自分で読める単語が増えてきたら、いずれ手にとってくれるのかなーと淡い期待を寄せています。今は楽しむための本ですね♪

応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
完璧バイリンガル
完璧バイリンガル、それはわたしの弟のことです。彼は5歳で渡米し、それから12年間アメリカですごしました。彼にとっては「英語の方が母語」といってもおかしくない時期すらあったと思います。幼少期を外国ですごした場合、大変なのは母国語の教育です。幸い(?)うちの母はほとんど英語が話せなかったので、家庭では100%日本語でした。おかげで彼は12年も日本を離れていたわりに、普通に日本語を話しています。ただ、漢字や難しい言い回しなどは普通の日本人よりは知らないと思います。小さい頃は、「扇風機」を「ふうせんき」と言ったり、彼が20歳頃わたしに書いたメールで、「一応」を「いちよう」と書いてあったり(^^; 

彼を含めバイリンガルの人たちをみていると、それぞれの「母国語と第二言語のバランス」の違いに気がつきます。ネイティブの語学力を 100 とした場合、弟の日本語力は 99 くらいでしょうか。それに対して、英語力は 85 はあると思います。わたしと彼との会話は100%日本語なので、彼の英語力はあくまで推測ですが。わたしは日本語力 100、英語力 60 くらいかな。会社の同僚バイリンガルさんは、日本語力 100、英語力 85 くらいはあると思います(本人は 70 と言っていましたが)。ひとくちにバイリンガルといってもいろんなバランスの人がいます。社会人になれば、語学力に加えて一般的な社会常識や専門知識など、その他の要素が加わってきます。

ゆずやももと英語学習をしていて思うのは、この子達の英語を長い目でみていきたいな、ということ。今はたくさんインプットし、大きくなって自ら「英語を学びたい」と思ったときに、少しでもラクにスタートがきれるようにしてあげたいです。

応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
ORT が一人で読めた!
昨日、ゆずが初めて英語の本を読みました!先週から一緒に読んでいた ORT の Stage 1: First Words。その中の一冊、「Floppy Floppy」を一人で読みました。



ORT のユーザーガイドに、それぞれの本にでてくる単語が表になって載っています。それを見ていると、「Floppy Floppy」にはわずか3つの単語しかでてこないことを発見(それぞれの本の裏にも出てくる単語が載っています)。

Floppy
Oh
No


たったこれだけです。これならゆずでも読めるんじゃないかと、昨日やらせてみました。「No」はこれまでの音読で自然に覚えていたようです。「Floppy」も表紙にでっかく書いてあるので大丈夫。「Oh」は読めなかったようですが、わたしが指差ししながら

Oh Floopy

と読んであげると、覚えたようです。そんなわけで、8ページの本を一人で読めました!お母ちゃん、感動しました。(ちょっと大げさ?^^)

いきなり長い文章だと読む気がしないようですが、ここまで短いと、ちょっと文字を見てみよう、という気になったようです。たった3つの単語でちゃんとストーリーがあるのは、さすが ORT です。

CTP の暗唱も忘れずにやりました。先週からがんばっている「Where's Your Tooth?」を、ほとんど暗唱できていました。でも、最後の「Here's」を「Where's」と言ったり、「Chair」という単語が出てこなかったり・・・。ゆずの英語レベルでこれだけの単語を覚えるのはなかなか難しいようです。もう少しがんばってみようと思います。

応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。