ゆず中1・もも小4と一緒におうちで英語学習!かけ流し、母の一方的な語りかけ、キンドル・リーダーの音読。母はなんちゃって帰国子女。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
二つあるもの - Head, Shoulders, Knees and Toes♪
先日、ももが「Head, Shoulders, Knees and Toes」を歌っていて、ふと思ったことがあります。

この歌には、二つあるものがたくさん出てきます。

Shoulders
Knees
Toes
Eyes
Ears


複数形なので、当然 "s" がつきます。でも、ももは「目は"eye"で、複数だから"s"をつけて"eyes"になる」なんて考えません(三歳児なので当然ですが・・・)。

あぃず えん いゅーず えん まうふ えん のー

と初めから複数形で覚えています。ネイティブの会話の中でも、これらの単語は複数形で出てくることの方が多いです。たとえば、

You have brown eyes.
He has big ears.


ということは、最初から目は"eyes"、耳は"ears"、と覚えてしまった方がいいんですよね~。やっぱり英語は耳から覚えるべし!と改めて思ったのでした。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
ママ、歌って!
ベッドの中で、ももが言いました

「ママ、あのうた歌って!」

「どの歌?」と聞くと・・・

「ゆびごるーびるー♪」の歌。

そう、「Looby Loo」でした。その後も、

"Ga-lump!" said the little green frog one day...

Head, shoulders, knees and toes, knees and toes...


と、次々に英語の歌が飛び出してきました。リクエストしたのが英語の歌だったので、うれしかったです♪

私は合計6年間アメリカに住んでいましたが、渡米した時にはすでに高校3年生だったので、今、ゆずやももと歌っている歌はメロディーを知っている程度です。二人と一緒に歌詞カードを見ながら英語のうたを歌うのは、私にとっても楽しいし、新しい発見の連続です。へ~、こんな表現があるんだぁ。といつも勉強になっています。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
Monster - ゆずの中でつながった?
そんなわけで(家庭学習って・・)昨晩はCTPどころではなかったのですが、今朝、CTPの Math 1-1 のCDをかけました。「The Costume Parade」を聞いていると

The fourth costume is a monster.
What an ugly monster!

というくだりがありました。ゆずが「え?Monster なんてでてきた?」と言うので絵本を渡してあげました。すると一人でページをめくって見ていました(読んではいないですが)。以前読んでいた「Where Do Monsters Live?」がお気に入りだったので、Monster という単語が気になったようです。

こんな風に、「前に聞いたことある!」と思って、自分の中でつながると、英単語も習得しやすいですね。日本に住んでいると英語に触れる機会は極端に少ないですが、絵本や歌などでできるだけ機会を増やしてあげたいなーと思います。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

関連記事
家庭学習って・・・
ゆずが一年生になって2ヶ月が経とうとしています。毎晩、なんかしらの家庭学習をしようと心がけています。習い事の宿題をするか、それがない時は通信教育のドリルを1ページでもできればよしとしています。

昨日はわたしが6時半ごろ帰宅すると、テレビを見ながら「おかえりぃ」と気のない返事。お風呂に入ろうと言っても「まだテレビ観たい」「パパと入る」と言いつつ、次の行動ができない。まだ家庭学習が終わってないのにテレビを観ていたことに、ちょっと怒っていたわたしは、冷たい言葉を言ってももとお風呂に行きました。すったもんだの後、結局通信教育の添削問題をいやいやながらも仕上げました。

今日になっていろいろ考えてみると、まだ一年生になったばかりのゆずに、ちょっと厳しくしすぎかなぁと。それでなくても毎日夕方まで学童で過ごし、昨日はそのあと習い事にも行きました。宿題はきちんと学童で済ませてきました。それで十分じゃないかと。一人目なので、ついついわたしの教育熱がエスカレートしてしまいます。ごめんよ、ゆず。

祝50位内!ただ今43位です。クリックしてくれたみなさん、ありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
ある熱いお父さんの話
小3の娘さん(A子ちゃん)が、帰宅後しくしく泣き出した。理由を聞いてみると、理科で「アリについて疑問に思うことを話しましょう」という授業があった。周りが「アリはあんなに小さい体で、どうして大きなものを運べるのか?」などの質問をする中、A子ちゃんが言ったのは「アリはお化粧をするのだろうか?」 これに対して、担任の先生はその質問を否定してしまったのだとか。

それを聞いたお父さん、「A子ちゃんは間違ってないと思うよ。お父さんと一緒に調べてみよう」と週末の二日間、お母さんも一緒になって図書館に行って調べた。そして、原稿用紙3枚にもおよぶレポートを書き(お父さんが)、A子ちゃんが清書して月曜日に学校で発表した。内容はお父さんが調べたものなので、相当論理的だったとか。担任の先生はそんなA子ちゃんのレポートをみんなの前で褒め、教室の後ろに張り出すことになった。

最初は、なんて熱いお父さん!と思ったのですが、そこまで子供の見方になってあげられる父親って、なかないないんじゃないでしょうか。そのお父さんいわく、「"否定されても負けない気持ち”を教えてあげたかった」。その“子供を思う気持ち”に脱帽です。わたしも、ゆずとももに学校や友達関係などで何かあったとき、彼女達に寄り添ってあげられる親になりたいなーと思いました。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
どういたしまして - My pleasure
週末、イギリス人ののパパをもつ、ももの同級生ご家族と夕食を共にしました。とっても気さくなパパで、日本語と少し英語を交えながら、楽しいひと時を過ごしました。その方は、こども達のために風船まで用意してくれていました!感激。そして、風船を受け取ったゆずに、「何て言うんだっけ?」と聞くと、恥ずかしそうに

Thank you.

それに対する彼の返答は、

My pleasure.

でした。さすがネイティブ!わが家では "You are welcome." と教えていたのですが、"My pleasre" の方がより暖かい感じがしますね。ニュアンス的には、単なる「どういたしまして」に対して My pleasure の方は「喜んで」という感じでしょうか。

ゆずとももは、まだ「自ら英語を話す」レベルまでは達していないです。でも、今回のように、少しでも生きた英語に触れる機会が増えればいいなーと思います。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
はうめにぃ?
先週、ゆずがしばらくがんばっていた「Little Green Frog」をクリアしました!「完璧」とは言いがたかったのですが、ちょっとおまけで合格にしちゃいました。

そして、今日寝る前に「How Many?」の読み聞かせをしていると、

How many legs on an octopus?
How many legs on a bug?


とリズムにのせて暗唱を始めました。そして、最後までいっちゃいました。なんだかあっけなく合格です。これで、CTP絵本4冊がクリアになりました。

最近、私が真剣に英語学習に取り組み始めたので、ゆずともももの意識も少しだけど変わってきた気がします。寝る前の読み聞かせも定番になってきたし、朝や夕方、彼女たちが自主的に英語のCDをかけることもあります。親の頑張りが伝わったのかしら?ちょっといい感じの一週間でした♪

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
Clifford を読みました♪
以前、古本屋さんで Clifford, the Big Red Dog (Clifford the Big Red Dog)
を購入し、この赤くて大きなわんこが気に入ってしまったもも。最近、こちらも買ってみました。



ももは「バッグに入っている」のが気に入った様子。「これ、持っていっとくね」と言って、バッグを持って自分の部屋へトコトコ。小学校に上がったばかりのゆずが先に寝てしまうので、わたしがゆずの読み聞かせをしている間、ももには「好きな本を選んで待っててね」と言っています。12冊入りでそれぞれ短い本のなので、さらっと読めます。

昨晩読んだのは(タイトルを忘れてしまいましたが)、みんなで飛行機に乗ったんだけど、fog (霧)が濃くて飛べず、Clifford が飛行機になってみんなを乗せてくれた、といった内容でした。最初は、「日本語で読んでー」と言っていたももですが、読み始めると、絵を見てるだけでも展開がわかるし、1ページに短い文が一つか二つしか載っていないので、飽きずに最後まで聞いていました。

ただ今53位!50位内までもうすこし。応援ありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
絵本の効果?もも says "No!"
最近、英語の絵本といえばCTPしか読んでいないわが家。でも、昨晩はこんなことがありました。わたしがゆずとお風呂に入っていると、先に上がっていたももがお風呂のドアを開けて、いたずらモード。

Close the door, please.


とわたしが言うと、

No!

と強い口調のもも(顔は笑ってましたが)。どこかで聞いたことあるなー、と思ったら、 Where is Baby's Mommy? を読むときと同じ口調でした!赤ちゃんがママを探すという内容のかわいい仕掛け絵本です。ももはママを探すページをめくるのが大好きです。「英語の本どれにする?」と聞くとよくこの本を持ってきます。わたしが読んで、「No!」の部分だけももに読んでもらいます。



ちなみに

Close the door, please.

に対して

No!


というのは「会話」ではないそうです。これは「Responding」(反応する、返事をする)という行為で、会話(conversation)ではないんですね。以前参加したCTP絵本のセミナーで教わりました。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
ゆずとももの英語学習暦(ってほどでもないけど)
今日は、これまでゆずとももにやってきた英語の取り組みをまとめてみます。

ゆず0歳・・・私が英語が話せるので、周りからは「英語教えるの?」と散々聞かれました。でも、生活のベースは日本、おっとは日本人、私も日本人。まずは母国語である日本語を確立する方が先かな。でもDVDを観たり、英語のCDをかけて、耳を慣らす程度はしておいた方がいいかなぁ。と、思いつつ月日は経ち・・・。6ヶ月で仕事に復帰したせいもあり、ほとんどそれらしい活動はなし。

ゆず3歳・もも0歳・・・この頃にはゆずの日本語での会話がほぼ確立。よし、母国語のベースはできたし、ももも生まれたし、そろそろ英語を始めるか。でも、いざうちで英語を教えようと思っても、何から初めればいいのやら。ひたすらリサーチ。とりあえず、Wee Sing Children's Songs and Fingerplays を買ってみる。

ゆず4歳・もも1歳
・・・少しずつ英語のDVDや絵本が増える。でもこれといって決まった取り組みはなし。いろんな教材の資料請求をしてみるが、どれも高すぎ!何十万も出すなら留学した方がいい!なので、引き続きたまにDVDを観たり、絵本を読んであげたりする程度。ディズニーのDVDを英語でみせようとすると、おっとの猛反対にあう。今思えば強行してもよかったんだけど、わたしと子供達だけになる時間が限られていたことと、ゆずも日本語・英語の違いがわかってきて、英語で観るのをいやがるようになったため、これは断念。英語絵本もおっとがご丁寧に翻訳して読んじゃうので、私が読むときにも「日本語で読んでー」とよく言われた。でもこれだけは譲らず、英語で読んで、その後意味を教えたりはした。

ゆず5歳・もも2歳
・・・ついにCTP絵本と出会う!ネットサーチの結果、ようやく値段もお手ごろで質もよさそうなCTPに出会い、早速資料請求&最初の6冊(Fun & Fantasy 1-1)を購入。週末にCDを聞いて、夜寝る前に一冊読む、というのを始める。そのうち歌になっているお話「Little Green Frog」や「How Many?」を口ずさむようになる。DVDやCDはその後あまり増えないが、絵本は少しずつ買い足す。

ゆず6歳・もも3歳・・・ゆずがついに小学生に!学校での勉強も始まることだし、本格的に英語学習について考えようと思う。当面はCTPの読み聞かせをほぼ毎晩一冊。ももは聞くだけ。ゆずにはできるものから暗唱させ、できたら合格。あとは時間のあるときにCDを聞く(CTP&Wee Sing)。DVDはほとんど観ていない。

と、まとめてみると、うーん、たったこれだけか・・・という印象。CTPを始めるまでは、ほぼ何もしてないに等しい・・・。さて、これからどうするか。せっかく始めたCTP、あせらず、でも確実に進めていこうと思います。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。