ゆず中1・もも小4と一緒におうちで英語学習!かけ流し、母の一方的な語りかけ、キンドル・リーダーの音読。母はなんちゃって帰国子女。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Step into レベル2の本
今回マラソンで回ってきた本はなかなかのヒットでした!

A Monster is Coming! (Step into Reading)



rabbit、mouse などの動物がひょんなことから勘違いをして…。「こういうことってあるよね~」と話しながら読みました♪ 早速アマゾンのほしいものリストに追加!



David and the Giant (Step into Reading)
335語



こちらはももが何度も「読んで」とリクエスト。勇敢な少年 David のお話。旧約聖書が元になってるんですね。




☆ゆず音読&書写
Who's Hiding? (Emergent Reader Science; Level 2)



↓クリックうれしいです!
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
もう多読って言っていいのかな?
300語超になるとかなりのボリューム!最近はCDをかけてもあまり聞いていないようで、ほぼ文字を読んでいると思われます。ここまでくると、もう「多読」って言っていいのかな?

The Elves and the Shoemaker

elves.jpg
382語

Folk & Fairy Tale Easy Readers: 15 Classic Stories That Are Just Right for Young Readers



↓クリックうれしいです!
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


自力読みができるようになった理由
ゆず(5年生)はかなり自力読みができるようになりました。今読んでいる昔話シリーズも300語レベルになりました!

知らない単語も当然ありますが、自力で読もうとするし、発音もほぼ合ってます。

mouse.jpg
366語

例えば

elevator

という単語。

eeee, llll,

と一音ずつ発音し、途中で「エレベーター」だと気づいて elevator と読みます。

やはり、フォニックスでアルファベット26文字の「音」がわかるのは自力読みに役だっていると感じます。

あとは「英語の量」ですね。CDをかけたり、読み聞かせしたり、何かしら英語をインプットし続けているからこそ、聞いた単語が読めるんだと思います。

このシリーズも残り4冊!

Folk & Fairy Tale Easy Readers: 15 Classic Stories That Are Just Right for Young Readers
Folk & Fairy Tale Easy Readers: 15 Classic Stories That Are Just Right for Young Readers


↓クリックお願いします
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
小人シール欲しさに音読をがんばる3年生
あれー!

とゆずの叫び声がして、何事かと思ったら。

小人シールがないーーー!!!

先生からもらって、連絡帳に貼ってあった一枚がないらしい…。その後は20分近く大騒ぎし、こちらも疲れました。

あ、「小人」とは、小学生の間で大人気のきもかわいい、いや正直気持ち悪いやつらです。

こびとづかん
http://kobito-dukan.com/comingsoon/



さんざん大騒ぎ&大泣きし、結局 Dora を3回音読するから星シールが欲しい、と言い出した。星シールとは、ごほうびとして娘達にあげてるシール。それが10枚たまるとステキなプレゼントがもらえるんです。大きなシールとか、文房具とか、たいしたものじゃないけど。

星シールがちょうど9枚たまってて、10枚になったら小人シールを買ってもらいたいらしい。

結局、半分泣きながら3回読んだ…。

Dora's Snowy Forest Adventure (Dora the Explorer Ready-to-Read)



この執念、他のことに活かして欲しいわ。


★I don't understand what's so great about these Kobito people.
こびとの何がいいんだか…。いまいちわからん。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。