ゆず中1・もも小4と一緒におうちで英語学習!かけ流し、母の一方的な語りかけ、キンドル・リーダーの音読。母はなんちゃって帰国子女。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テキトー読み、どこまで許す?
音読をいやがるようになったゆず(4年生)ですが、昨日は4冊読みました!

寝る前にさりげな~く masyaまま さんからお借りしているCTPレベル2を出すと…

「どれを読もうかな~」

と、選びはじめる。

一冊目はこれ
Five Little Monsters

少し気になったのが、テキトー読みが多いこと!CDを一度も聞いたことがないシリーズなので、知らない単語は自己流で読みます。

swinging

を swimming と読んだり

knee

を キー と読んだり…

knee はさすがに訂正しましたが、ちょっとした読み違えは放置してもいいのかなーと思いました。あまり訂正すると読む気がなくなるし、正しく読むよりも「英語のお話を楽しむ」「英語を声に出す」ことが大切なのかなーと。それがテキトーだとしても♪

monsters.jpg

昨日は途中で気を悪くすることなく、この後も3冊読みました

Lunch With Cat and Dog (Learn to Read-Read to Learn: Math)

The Farmer Didn't Wake Up (Fun and Fantasy Learn to Read)


☆Thank you for reading!
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
100冊暗唱メソッドの結果
CTPから始め、ORT、そしてここ1年くらいはリーダーも読んでるゆずともも。ゆず(9歳)の読んだ本が100冊を超えたので、一度まとめてみようと思う。100冊というのは重複なしでカウントした場合。

・ゆず(5歳)
CTPレベル1を母に暗唱させられる。この頃はちょっと厳しくしすぎて長続きせず・・・。1セット(6冊)を読み終える前に挫折。

・ゆず(6歳)
ORTステージ1を購入。1ページに単語が1,2コで楽しく読めた。その後、ステージ5まで購入。

・ゆず(8歳)
文字を読み始める。100冊マラソンの本だったり、ORT Read at Home の本など、語数が20~50くらいのものなら読めるように。語数カウントを始めたのもモチベーションアップになったみたい。

・ゆず(9歳)
人前で音読すると「発音がいい」とほめられることがあり、モチベーションがさらにアップ(^^) GRマラソンを始め、読める本が常にある状態がありがたい。



【2012年7月2日現在の冊数】

ORT冊数
ゆず 48冊
もも 18冊
 ↓
CTP冊数
ゆず 42冊
もも 33冊
 ↓
GR冊数
ゆず 21冊
もも 2冊

合計
ゆず・・・111冊
もも・・・53冊


英語3年目までは、CTPやらORTやらを読んだりやめたりだったわが家。目標がないと続け辛いと思い、1年前に「100冊暗唱メソッド」を開始。ゆずの場合、途中から文字を読み始めたので「暗唱」ではなくなったけど、ももは未だにほぼ耳から聞いて暗唱している。



★結果

1.文字が読めるようになった!
80冊目くらいから文字を読み始めたので、これは暗唱を続けてきたからこそだと思う。ただし、年齢的なものもあるかと。仮に2歳から始めて5歳で100冊達成したとしたら、今みたいに文字を読むことはできてないと思う(うちの子の場合)。

2.発音がいい!
耳から聞いて覚えること(暗唱)をすることで、英語を聞く力とそれをそのまま発音する力がついたと思う。今では、意味がわからなくても英語を聞くとそのまま発音することができる。

3.英語の本を読むことが習慣になった!
シール貼りと語数カウントのおかげで無理なく音読が続けられている。英語教材でお勉強するのとは違い、あくまでも「絵本」なので楽しく取り組める。


★話すことにつながったか

暗唱することで耳と口を使うので、話すことの練習にはなったと思う。ただ、会話というのは相手があってこそなので、本を読むだけでは話せるようにならない、と思う。ここはやはりたまーにでも親が語りかけたり、ウェブレッスンなどで「英語を話す機会」を作る必要がある。暗唱はあくまでも話すための下地作りですね。


★一番良かったこと

このメソッドを取り入れて一番良かったのは、無理なく続けられたこと。読むのが「絵本」だったことと、数値目標があるって大切だなーと。

今後は、今のペースで語数カウントを続けていく予定。目標は

ゆず・・・10万語
もも・・・5万語



「100冊暗唱メソッド」はこちらの本を参考にしました。

改訂新版 赤ちゃんからの英語レッスン~親子で始める「絵本100冊暗唱メソッド」~改訂新版 赤ちゃんからの英語レッスン~親子で始める「絵本100冊暗唱メソッド」~
中村 あつこ

by G-Tools





にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村



どうやって英語が読めるようになったか
どうやってゆず(8歳)が英語を読めるようになったか、考えてみた。

1.とにかく耳から英語をたくさん聞く
わが家の場合はほとんど語りかけができてないので、CDと読み聞かせに頼ってます。CDはCTPを中心に1日2時間くらいかなー。とにかく気がついたらかけておくようにしてる。CTPはほとんど耳から覚えたみたい。それを音読するときに文字を見ることで「読める」につながる、と思う。

読み聞かせはももにはほぼ毎晩。ゆずは一人で先に寝ちゃうことが多いので、最近は週に1,2回かな。

2.サイトワードを学ぶ
これは読めるようになった大きな要因だと思う。Graded Readers (こどもが自分で読む本)のレベル1程度なら、30語程度のサイトワードが読めれば大丈夫じゃないかと。私が夏休みと冬休みに自宅で開催した「リーディング・キャンプ」で、サイトワードを集中的に学んだ。それから読める単語が増えたようなきがする。その時に使った教材はこれ。

100 Sight Word Mini-Books: Instant Fill-in books That Teach 100 Essential Sight Words

1200円くらいするんだけど、コピーして使えるので兄弟や知り合いとシェアできるなら高くないかも。この本のいいところは、ただのドリルじゃなくて、自分でミニブックをつくり、それをずっと活用できるところ。ミニブックに単語を書いて色を塗ったら完成。それを音読することでサイトワードを覚えていく。

リーディング・キャンプの課題本に登場するサイトワードをピックアップして、毎回10語くらいずつミニブックを作った。

abook.jpg


このミニブックを使ってビンゴもした。エクセルでビンゴシートを作り、子供たちにサイトワードを書きこんでもらう。順番にミニブックをひいて単語を読みあげてもらい、丸をつけていく。そうすれば、読むことも書くこともできる♪ 最初は「これなんて読むの?」と聞いてたけどそのうちに覚えていく。

3.フォニックス
フォニックスよりもサイトワードを覚えたことが「読み」につながったと思う。でも、フォニックスを知ってると、最初の音が読めて、あとは絵をみて想像したりで読めることもある。

例えば、cool という単語が読めなかったとする。でもフォニックスを知っていれば c が[クッ] と発音することがわかる。そんで絵を見ればなんか dog が水に入って涼しそうにしてる。CDやよみきかせで [cool] という単語を聞いたことがあれば、cool と読める。これは半分想像だけど(^^; もしかしたら [-ool] の読み方を知ってたのかもしれないし・・・。


上記3つがいろいろ組み合わさって読めてるんじゃないかなー。時々、教えてないのに読める単語があって、ゆずに 「どこで覚えたの?」 と聞くと、たいてい「CD」と返ってくる。だから(1)に書いた

とにかく耳から英語をたくさん聞く

は大きいと思う。たくさん聞くというのは、語彙が豊富になるということ。仮にフォニックスで無理やり単語が読めたとしても意味がわからなければ、本当に「読めてる」ことにはならない。上記の cool もどっかで聞いたことがあったから読めたし、絵をみて意味も理解できたんだと思う。

以上は文字情報よりも音情報の方が優勢なゆずの場合なので、その子によって読めるようになる課程は違うかも。ちなみにもも(6歳)はゆずと一緒にサイトワードをちょっとやったので、簡単な単語(a, the, I, go など)なら読めてる。音読中のCTPレベル1は、90%以上耳から聞いて覚えてるみたい。

日本語で生活してるゆずとももにとって、英語絵本の音読は英語に触れることができる大切な時間。本だとお勉強っぽくならないのもいいよね♪ これからも細々と続けていこっと。


☆ゆず音読
GR 9冊目!
Hot Dog (Step into Reading)
マラソンで回ってきた本。ありがたい~。69語

ゆず語数・・・38,319

☆もも音読
I See Colors (Emergent Reader Science; Level 1)
他、CTPレベル1から3冊。




★今日もご訪問ありがとうございます★
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
ついに1万語突破~♪ 読んだ本のリスト
ゆず(8歳)が1万語を突破しました!これまでに読んだ本をリストアップすると・・・

ORT ステージ1 (99語)
ORT ステージ1+ (200語)
ORT ステージ2 (287語)
ORT ステージ3 (467語)
ORT ステージ4 (924語)
ORT ステージ5 (1,841語)
Read at Home レベル1 (258語)
Read at Home レベル2 (579語)
CTP Fun and Fantagy 1-1 (405語)
CTP Science 1-1 (147語)
CTP Math 1-1 (290語)

再読分もカウントしています。せっかく読んだのにカウントしないと悲しいし、英語を口に出すことは、2度目でも3度目でも練習になってると思うから。ORTはかなり再読したので、ステージ1~3あたりは3~5回カウントしています。

上記以外に読んだ本
Brand New Readers Blue Set
Brand New Readers Blue Set

Here Comes the Parade! (Pair-It Books: Early Emergent)
Here Comes the Parade! (Pair-It Books: Early Emergent)

Mud (Hello Reader Level 1)
Mud (Hello Reader Level 1)


昨日読んだ本
Read at Home: More Level 2B: Monster Hunt (Read at Home Level 2b)
Read at Home: More Level 2B: Monster Hunt (Read at Home Level 2b)
100語

Oxford Reading Tree: Stage 1+: First Sentences: Big Feet
39語

Oxford Reading Tree: Stage 1+: First Sentences: Go Away, Floppy
24語

Oxford Reading Tree: Stage 2: Storybooks: What a Bad Dog!
52語

ゆず語数・・・10,125

さて、一見順調そうに聞こえますが、最近は文字を見ながら読むので、前ほどスラスラ読めなくなっています。まだボキャブラリーが少ないせいか、単語を見てすぐに言葉が口から出てこないんですよね。dog や cat は別ですが、children, everybody などは文字を一つずつフォニックス読みしていく感じ・・。2万語になるころにはもう少しスラスラ読めるようになるといいなー。


☆もも音読♪
Buttons, Buttons (Emergent Reader Science; Level 1)
26語

What's Going On? (Emergent Reader Science; Level 1)
20語

もも語数・・・6,753

☆日本語読み聞かせ
やかまし村はいつもにぎやか


★今日もご訪問ありがとうございます★
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
音読のモチベーション、幼児はシール、小学生は語数
最近ゆずは毎晩一冊ずつ Read at Home を読んでいます。以前もレベル2までは読んだのですが、今回は自分で文字を読んでいます。毎晩1冊読んで、「まだ読んでいないレベル4以上も読もうね」と話しています。

ももはそんな姉に刺激されたのか、急に「英語の本を読んでシール貼りしたい」と言い出し、ステージ1と1+から計10冊読みました。

ORTsticker.jpg




☆ゆず音読
Read at Home: I Can Trick a Tiger, Level 2b (Read at Home Level 2b)
Read at Home: I Can Trick a Tiger, Level 2b (Read at Home Level 2b)
137語

ゆず語数・・・9,846語

☆もも音読
Oxford Reading Tree: Stage 1: First Words: Pack of 6 (1 of Each Title)
Oxford Reading Tree: Stage 1: First Words: Pack of 6 (1 of Each Title)
ステージ1から6冊 71語

Oxford Reading Tree: Stage 1+: First Sentences: Pack (6 Books, 1 of Each Title)
Oxford Reading Tree: Stage 1+: First Sentences: Pack (6 Books, 1 of Each Title)
ステージ1+から4冊 138語

もも語数・・・6,707語


☆英語読み聞かせ
100冊マラソンから
Joseph Had a Little Overcoat (Caldecott Medal Book)
Joseph Had a Little Overcoat (Caldecott Medal Book)


☆日本語読み聞かせ
やかまし村はいつもにぎやか


★今日もご訪問ありがとうございます★
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。